ネパールの服屋にて
f0051624_19393737.jpgf0051624_19395215.jpg









f0051624_19441327.jpg(↑服屋でもネパールmilk teaはかかせない)                                  ↑←すっかり顔なじみとなった服屋さん。      こちらの服屋さん、観光客だけでなくネパール人のお客さんも来店する。                                                 ここではteaを飲み終わったら             「おかわり?」と聞いてくれる貴重なお店。      というより、しつこくおかわりを勧めてくれる。

「この服、違う色とかないの?」(私とご主人さま)
「ごめんなさーい。違う色ありませーん。(日本語で)」

「この服、もっとないの?」(私とご主人さま)
「それだけ。」
(↑もともとひとつしかないのである。)
こんなにいっぱいあるにもかかわらず、ご主人さまが尋ねるモノに関しては、いつも1点もの。

ここのお店の主人は、少しばかり日本語が話せるので、その日のお店の売り上げを書きながら
「たかられまーす。」との発言。
(確かに、お客に「安くして!」ってたかられているなー)と、思わず納得して大笑い。
たぶん、お店の主人は知らずに『たかられる』なんて言葉を使っているんだと思うけど・・・。
[PR]
by msmoti | 2006-10-24 19:20 | byメイド犬Chori
<< 通い妻のごとく‥‥ ネパールの布屋にて >>