なんとかしてよ。年末年始のキャンセルシート
海外旅行を控えている友人から
「帰国便の席がキャンセル待ちで確保できない。なにかいい案はない?」
と、メール。

このような経験はいくらでもある。
いくらでもある私だが、残念ながら有効な手段は見当たらない。

比較的時間に余裕のある旅ばかりをしている私は、「ひたすら座席を確保できるのを祈って待つ」もしくは、「航空会社及び旅行代理店にあしげく通う」などといった、非常に原始的な手法を用いているからだ。

しかし、悠長に構えていられなパターンもある。

今年のゴールデンウィーク。
家族でバリ島へ行くことになった。
父親の会社の都合もあって、具体的な旅程を組めたのは出発予定の一ヶ月前。

G.W.の真っ只中である。





私は数社の旅行代理店のカウンターに直接出向いたが、どこも回答は同じだった。

「帰りの便の座席がありません」

当然である。

このとき私は、仕方なく父親の仕事の日程を調整してもらい、帰国日を数日ずらすという対策を取ったが、ある大手旅行代理店の方が次のようなアドバイスをくれた。

「格安チケットで座席が取れなくても、パックでのお申し込みでしたら、その分の座席をご用意できる場合もございます」

念のために調べてもらったら「4泊6日のパック旅行なら座席を確保できる」とのこと。

同じチケットでもクラスによって振り分けられている座席数が違うのと一緒で、パック旅行用はそれ用に座席が振り分けられているのである。

なるほどねぇ。

私の場合は二週間近くの旅行であったし、ホテルは自分で選んで予約をしたかったので、この案は却下としたが、短期の旅行であるなら有効だと感じた。

ほか、毎年定期的に旅行に行かれる方であるなら、専属の担当者を自分で決めてしまうのもいいかもしれない。

担当者というわけではないが、私にはタイではいつもお世話になっている旅行代理店があり、キャンセルシートを含め、その人には今まで何度も助けられている。

コネクションも大事である。
[PR]
by msmoti | 2006-12-13 17:53 | Travel
<< 期間限定! 割引セールスタート 割引セール >>