<   2006年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
インドネシア語講座<その壱>
「インドネシア語、勉強しなよ。」

という、バリにお住まいの日本人女性のごもっともな発言から始まった・・・。

私とご主人さま、インドネシア語できずにバリにお店を持っています。旅行で来ていた時は、別にインドネシア語ができなくても何の問題もなかった。
むしろ私とご主人さまは、無理やり日本語で会話をして理解してもらおうというやり方が多い。

しかし、ここでワタクシほんの少し心を改め、知り合いのバリ人女性にインドネシア語を教えてもらうことにしました。
f0051624_0195147.jpg
←バリでは、お祭りのときなどに女性が頭にてんこもりフルーツをのっけているのをよく見かけます。


インドネシア語の先生とこの話題になり、頭にのっけるのは
難しくないの?重くないの?
と(たどたどしいインドネシア語で)尋ねたところ、
先生も若い頃、頭にのっけて練習したそうです。


フルーツは、ちゃんと固定されているそうです。(お友達情報)
なにで固定されているかは、忘れちゃいましたが・・・。



そして、今では悪知恵が働いて(たぶん)、
「(重いから)小さいフルーツを探して、頭にのせているのよ」と、先生のお話。
「へぇ~(納得)」と感心しながらも、お寺にお供えするものなのに、そんなラクしていいものなのか?と今更ながら思ったのでした。

f0051624_0285267.jpg

↑車内から撮った写真
これは、フルーツじゃないけど重そう。実際、一番右の女性は苦痛の表情に・・・。
この場合は、先生どうするのかな??(心の疑問)

日本に帰ってきて、もう二週間が過ぎました。
先生!私は、日本に帰ってきてインドネシア語をまだ一度も勉強していませぬ。
でも、先生はこう言ってくれるハズ。

Tidak apa apa(ティダッ アパ アパ)※』ってね。


By Chori
Tidak apa apa(大丈夫ぅー)
[PR]
by msmoti | 2006-06-30 23:59 | byメイド犬Chori
ご主人さまのお買い物①
スタッフが決まる前の話にさかのぼる・・・。

私とご主人さまは、なかなかスタッフが決まらないことに焦り、
『人がいっぱい集まるところでスカウトを実行しよう!!』という安易な発想で、本日お祭りがあるとの情報を手に入れ、やってきたのでありました。

f0051624_17274440.jpg

あまりの人の多さに、
私とご主人さま『現地の人の助けがないとスカウト無理』という的確かつ迅速な判断で
この日は楽しむことに切り替えたのでした。

f0051624_17303357.jpg


←日本の夏のお祭りの屋台にソックリ。
 
 でも、規模はしょぼかった。



↓ご主人さまが目をつけた
 オモチャ。


f0051624_173352.jpg
これ一個Rp5,000という値段が信じきれず(ツーリストプライスだと思い)、
買った子どもに「いくら?」と確認してまで疑っていた私とご主人さまでした。


ちなみにこれは、真ん中を押すと光る!という優れもの!!!



何色にしようか、どの顔がかわいいか、散々悩んで買ったモノなのに、二日もしないうちに
バッテリーの接触が悪くなり、壊れたのでした・・・。

ご主人さま、ふだん贅沢な買い物を我慢しているのに、今回は奮発してショッピングしたのにね。奮発っていっても日本円で70円ぐらいのお買い物ですが・・・。


By Chori
[PR]
by msmoti | 2006-06-28 17:24 | byメイド犬Chori
パーティー券ならぬ「お布施券」
f0051624_21434311.jpg
「おはよーございまーす」と、挨拶に気合を入れて出社すると、机の上に、不吉な封書が一通と、請求書のようなものが一枚、無動作に置かれていた。

今日も笑顔がステキなスタッフに尋ねる。

「これ、なに?」

「電気代と●●」

「え? なに? 電気代はわかるんだけど」と、説明を求めるも、なんだか聞いたことのない英単語ばかり並べ立てられるものだから、ひとまず中身を見ることにした。

すると、以前にもどこかで見たことがあるようなチケットが三枚、ぺらっと顔を出した。

不吉な予感が的中。

More
[PR]
by msmoti | 2006-06-27 21:40 | by ご主人さま
実は……
ひっそりとではありますが、先日Shoppingサイトをオープン致しました。

ひとまずアクセサリー系を中心に、ネットでもMotiグッズを販売していきます。

現在の取り扱いは、天然石を使用したシルバーアクセサリー、バッグ(バティックを使用してものもあります)などですが、これから徐々に、バリ島を中心としたアジアン雑貨を増やしていきたいと思っています。

↓まずは新装開店したMotiに遊びに来てください
こちら

(*稼動したばかりなので、まだまだ至らぬ点はありますが、不明な点はお問合せいただければどんな小さなことでもお答えします)

f0051624_22314471.jpg











お店ディスプレイのオーダーメイドの木彫り。
これがなかなか人気があるのだが、売り物ではないので現在は販売しておらず。
しかし問合せが多いので、
販売用としてオーダーしようか検討中。
そのうちサイトでも販売するかもしれません。
[PR]
by msmoti | 2006-06-25 22:29 | shop info
本日二本立て。ポーチ完成とラベルの貼り付け具合
f0051624_22223599.jpg

つい先ほど、待ちに待ったMotiポーチが到着しました。

種類は2タイプ。

オーダーしてからカレコレ一ヶ月は経過しての出来上がりです。

一つめはベースにデニム生地を使用し(写真上)、ポイントの布にはネパールで購入したアジアンチックな柄ものをもってきてみました。今後はバティック柄なども使ってみようと思います。

マチなしですが、ポケットはふたつ付いています。

二つめはさらにシンプルなデザインで(写真下)、ポリエステルのバティック布を使用。
中素材にスポンジを使っているので、柔らかい使い心地が魅力です。

早ければ明日にでも、店頭でお目見えできるはず。

f0051624_22244286.jpg
チョットわかりずらいけど、バッグ内ポケットにロゴを付けてみました★
[PR]
by msmoti | 2006-06-25 22:20 | by ご主人さま
やっぱり糖分バランスの関係もあるんでしょうか?
目覚めの悪い夢を見た。

お店をチェックしに行ったら、スタッフがお店近くの観光客向けカフェでお友達とお茶をしている。
(実際はお店の近くにそのようなカフェはありません)

テーブルには豪勢にも、チーズタルトとアイスミルクティーが。
私だって、切り詰めた生活の中、うんと我慢して大好きなスウィーティー断ちをしているのに。

と、怒りの矛先が別な部分になりそうなのを危うく制止し、私は優しくこう訊ねる。

「えっと、今は休憩中ではないはずなんだけど、なんでこんなところで寛いだりしてるのかな?」

すると、スタッフではなくその友達がこともなげに答える。

「だって、ヒマだから」

More
[PR]
by msmoti | 2006-06-25 22:16 | by ご主人さま
よくあることだけど…(2006/06/21)
「一週間で完成のはずが、一ヶ月と一週間」
「五日間で仕上がりのはずが、三週間」

時間や期限といったものは、バリ人にとってどういった感覚や程度で受け止められているんでしょうか?

上はジュエリーボックス製作に費やした時間。
下は商品などに取り付けるお店のロゴラベルである。

まぁ、約束の一週間から十日間は遅れるだろうと、寛大な気持ちで文句も言わずに待ちつづけた。

そして二週間経過。

ワナワナと怒りで震えだした拳を左手で押さえ込み、「今年は自分にとって忍耐と辛抱の年らしいから」と、占いの言葉をなぐさめに持ち出し、納入というその日が来るはずであるのを待つ。

そして三週間経過。

溜め込んでいたものがついに噴火。

職人を紹介してくれた友人に「約束の日にちから三週間も経過してるんだけど、一体ぜんたいどういうこと?」と、はじめやんわり切り出す。

思った通り「しっかりとした物を制作しているために時間がかかっている」だの「何千枚もの印刷枚数だから、そうすぐには完成できない」だの「それ、最初からわかった事態でそっちが納期を決めたわけでしょ?」という、大変呆れた言い訳を並べ始めたところで、相手の口をつぐます一撃をお見舞いする。

「すでにデポジットも払っているし、これはビジネスなのだから約束は守るべき。それになにより、私はすでに十分な時間を持ってして待った。これ以上約束を破るつもりならキャンセルする」

この一言にようやく目が覚めたのか、その足ですぐさま発注先の職人をめぐり「ボスがご立腹だから、これ以上待たせるようなら金は払わず商品だけ受け取る」と言って、三日後には必ず商品を届けさせるとの約束を取り付けてきたと、そう心なしか自慢げに話し、そうして実際に物が到着したのは、さらにその一週間後という、もう怒る気力さえ萎えるようなお粗末な結末であった。

それだけ待たされて出来たものはどうなのかといえば、ジュエリーボックスに関していうと、確かに使用されている木材は他の什器より質が良いが、一ヶ月以上もかかるほどの複雑な作りではなく、そして商品ラベルにいたっては、ところどころ印刷がはげているといった具合であった。

まぁ、そうはいっても、人の手間がかかっているものである。

実際に会うことが出来た家具職人さんには「ありがとう」とお礼を述べ、それに対して「遅れちゃってごめーん」という程度のあっけらかんとした相手の笑いに、これくらいのことで目くじら立てている自分の方がちっちゃい人間に思えてくるから、本当にもう、調子狂うよなぁ。

f0051624_20231835.jpg
わざわざジャワ島から取寄せたという木材で出来たジュエリーボックス。
一体だれがそこまでしろって言いました?

f0051624_2027103.jpg
素敵な感じにディスプレイ仕上がってるでしょうか?

f0051624_20315414.jpg
指定したより大きいサイズで印刷してくれたロゴ。だから、一枚でいいから試し刷りしてくれってお願いしたのに…。
[PR]
by msmoti | 2006-06-24 20:19 | by ご主人さま
*試作品*
久しぶりのChori犬登場でございます。今が旬のあじさいと記念撮影。
f0051624_15333629.jpg

Moti Shopオリジナル 第二段<ポーチ>でございます。

お買い求めやすく、かさばらない商品=ポーチ(単純思考)
と、いうワケで私とご主人さま色々試行錯誤して開発中です。私がバリにいる間にできなかったのが残念。
ポーチとバックを同時進行していたのですが、どういうわけかお願いしているところ(裁縫を)ではポーチ作りはいつも後回し。。。

今頃、いい感じのポーチが出来上がったのかなーっと期待膨らむchoriであります。


By Chori
[PR]
by msmoti | 2006-06-22 15:32 | byメイド犬Chori
OPENセレモニー(4/27)
今更ですがOPENセレモニー風景です。

バリでお店をオープンするときOPENセレモニーをします。私たちは、新月にセレモニーをしました。
f0051624_13395596.jpg

→これを本当は私とご主人さまがやらないといけない作業らしい・・・。

 私たちが嫌がってやらないだろうと悟った気の利いたバリ人は自分の家族を引き連れて頭数を増やしたのでした。



f0051624_13401520.jpg
←外からのギャラリーを死守するタメ、私とご主人さまは新聞紙を張りまくったのでした。



こうしてなんとかOPENセレモニーをやり遂げた?私とご主人さま。
でも、Moti ShopをOpenできたのは
4月30日になってしまったのでした・・・。





By Chori
[PR]
by msmoti | 2006-06-20 13:15 | byメイド犬Chori
雨漏り再び・・・
私が日本に帰る2・3日間バリはほとんど雨でした。

ニューフェイスのスタッフ(ワヤン君)が床を拭き始めました。なんで??って思ったら、苦労して直したと思っていた雨漏りが直ってなかったのです。

私とご主人さま「・・・・・(ガガーン!!!)。

ラッキーなことに私たちの友達が直せるというので、その友達に次の日に来てもらうことになりました。

次の日、その友達はやってきました。そして、屋根のチェックを終えた友達は
「ワタシ、デキナイヨ。ホント、ゴメンナサイ。」

私とご主人さま「じゃー、誰かできる人を探して連れて来てよ!」

こんな強引なお願いにその友達、何も言わず本当に探しに行きました。f0051624_2324736.jpg



友達は、Moti Shopの近くで家を作っている大工さんを連れてきました。
また雨漏りしたら、彼は近くで工事をしているから直してくれるとの事。

でも、用心深い私とご主人さま。
工事が終わって(ピンクパンツのおじさんがいなくなって)から、雨漏りに気付いたらどうするの?ということで、念のために証拠写真、家はどこか、などを聞いたのでした。

←↓彼はピンクのパンツが印象的でした。



f0051624_2331050.jpg

一番の原因は最初にお願いした大工さんがいけないのにネ。
急遽直してくれた大工さんと、その人を連れてきてくれた友達に感謝。
[PR]
by msmoti | 2006-06-17 23:11 | byメイド犬Chori