<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
取っ手がネコの貯金箱でもいいじゃないか。いいですよね?(ちょっと弱気)
f0051624_1336569.jpg

まだどこのお店にも卸していないんだそうです、↑ねこちゃん貯金箱。

それを先駆けてMotiでセール中(値引き販売という意味ではありません)。

ここのお店は自社で工房を持っている陶器の問屋のような存在なのですが、けっこうなサイクルで新商品を開発しているので、時間があると立ち寄ったりしています。

ついつい「あれも、これも」と購入してしまいがちなのですが、今回はしっかり「目的のもの以外は購入禁止令」を自身に発令しての入店。

己には余計なものに目移りしている金銭的余裕はないのだ。
そろそろ自覚しろや。

と、そう気を引き締めて目的物を物色していたのに、目に留ってしまったんですねぇ、新商品の貯金箱。

More
[PR]
by msmoti | 2006-08-15 13:34 | shop info
ついに購入。だが、しかし…
f0051624_2242474.jpg

「思い立ったら吉日」というより私の場合、「思い立ったら突っ走らずにはいられない」というタチで、もちろんそれは、「まったくの思いつき行動であり、ほとんど理性的な思考回路が停止」している状態であるため、後々「しまったぁ!!」と思うことも少なくない。

残念ながら、本日のお買物もそれに「ズバリ」当てはまってしまった。

お店をオープンしてからというものすこぶるキャミソールの販売数が順調である。
そんな人気商品にも関わらず、キャミソールの立ち位置といったら「あ、このお店服も置いてあるんだ」と、入店して初めて気付くような場所に、ひっそりと、そしてこじんまりと飾ってあるといった扱いである。

うちの人気スターをいつまでもそのような状態にしておいていいものか?

More
[PR]
by msmoti | 2006-08-11 22:40 | by ご主人さま
デンパサールの掘り出し物(2006/08/03)
宿のオーナーから、デンパサールの市場にカップを買い揃えに行くけど
「一緒に行く?」とのお誘いを受けた。

これはしめた!

いつもなら人の都合に合わせて車やバイクをだしてもらわないと行けない場所である。

即座に「行く!」と返答。

目的地に到着後は、義理堅い私はひとまずオーナーのお買物にお付き合いした。

宿泊客用に使用するモノなので、いつになくオーナーも真剣に物色を始めた。

「このカップどう思う?」
「んー、ありきたりですねぇ。私はこっちの方がオシャレだと思う」
「その色嫌い」
「……。だったら私の分だけでいいからこのカップにして」
「やだ。じゃあ、こっちのカップはどう?」
「だからさぁ。選ぶ色が地味なんだよねぇ。こっちのカラフルなのにしたら?」
「私、そのデザイン嫌い」
「……。なら自分で決めなよ」
「私、このカップ好き。どう思う?」
「あのね。私は好きじゃないの。他のお店見に行こうよ」
「私、この色好きだからぁ~」

このようなやり取りはいつものことで、今までさまざまなお買物に付き合わされているわけですが、私に意見を求めては「却下」の連続で、このオーナーとはつくづく好みがかみ合いません。

それでもまだ私の意見を求めようとするので、オーナーが他の商品に気をとられた隙を見て逃走し、お店用のグッズを探しに行きました。

バッグ制作用の布を探していたのですが、思いがけず愛らしいスカーフに遭遇し、あれこれ厳選した数点を購入↓
f0051624_2154384.jpg


シルクとポリエステルの混合であるスカーフは、春夏にピッタリの涼しげ仕様。
もう一種類のスカーフは、秋口のちょっと肌寒く感じる季節によろしい感じです。

とっても気に入ったので、次回行った際には自分用とお土産用で購入しようかと検討中。

f0051624_21545069.jpg
           広げるとこんな感じ
[PR]
by msmoti | 2006-08-05 21:52 | shop info
この夏は南国テイスト満載キャミでお楽しみ★
重い腰をようやくあげて、Motiオリジナルキャミソールを完成させました。

経営に関しても、雑貨・服飾関係に関しても「ド素人」の私ですが、せめて自分が納得できるものを製作しようと思うと、バッグはともかく、「キュートなキャミソール」にたどり着けるような布やそれに付属する素材を探すのが面倒で……。

などと、けしからんことを思っていましたが、キャミソールはバッグにつぐ人気商品で、実際LサイズとMサイズなんかは随分前に品切れ状態。

「まぁ、服系は最初からやるつもりなくてひとまず置いておいただけだから」と、商品がなくなり次第「終了グッズ」として扱っていたものの、「これ、もっと大きいサイズないの?」という、特にヨーロピアン系のお客さまからの問合せが相次ぎ、さすがにのんびりしたスタッフからも「売れているのになんで作らないの?」という不満が出る始末。

デンパサールの問屋に何度も通い、言葉の通じない縫い子さんと手振り身振りでアレコレ案を出し合い、出来上がったのがコレら↓
f0051624_19381313.jpg

どの商品にも共通することだけど、ものすごく自分好みの仕上がりで、私が身につけたいくらい。

縫製代だの布代だの、コストはずっしりヘビーなグッズですが、女性のみなさんにこれを着て思いっきりバカンスを楽しんでもらえたら嬉しいなぁと思い、がんばって価格も押さえました。

あぁ、私もバリ島以外のどこかへバカンスしに行きたいなぁ。。。
[PR]
by msmoti | 2006-08-01 19:19 | shop info