<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ネパールフェア
f0051624_14372924.jpg

三ヶ月間、放置しっぱなしだったお店に、いよいよ明日、
Choriが立ち入りチェックをするためにバリ島入りする。

売り上げもそうだが、
「店内のディスプレイどうなっちゃってるんだろう‥‥」
と、ビジュアル面での不安がダントツ一位である。

店主を含めてのことだが、現地の男性スタッフはそれに輪をかけて、
そーいったことに無頓着なタイプである。
無法地帯になっていないことを祈る。

出発前、いろんな意味でドキドキしているChoriであるが、
今回のバリ島行きでは大役を一任させられているので、
余慶にプレッシャーを感じているようである。

f0051624_14535092.jpgその大役とは、
今回のネパール買付グッズを素敵な感じに飾りつけて
「ネパールフェア」を開催すること。

一点物のマフラーや帽子、手袋などの冬物グッズから、お手ごろ価格のアクセ、アジアンチックで個性的な洋服など、気合を入れて仕入れた魅力的なグッズの数々を大放出!

f0051624_1591659.jpgと、このような安っぽい言葉を並び立てたようなディスプレイには、くれぐれもしないように!と、キンチョーしながらのバリ行き。

店内で頭を抱えながら、不慣れなディスプレイに励むChoriの姿が今から容易に想像できてしまうのであった。

みなさん、遊びに行ってあげてね★
[PR]
by msmoti | 2006-11-24 14:36 | shop info
ハンドメイドのあったかグッズ
f0051624_0243658.jpg

ネパールで買い付けた冬物グッズの販売に向け、
日々、画像処理や書類作成に追われています。

そんな中あらためて、買い付けてきたグッズを広げて見たりなんかしてると、
いつの間にか母が横から手を伸ばしてきて、
「大したものねぇ。これ、手作りでしょ? 編むの大変なのよ」
と、感心しきりで声を掛けてきたりする。

そうなんです。

ネパールで買い付けたほとんどすべてのものが、手間隙かかったハンドメイドによるもの。
機械的ではない風合が、人のぬくもりまで伝えてくれるようで、あったかい。
[PR]
by msmoti | 2006-11-23 00:10 | by ご主人さま
ご主人さまのトラブル続き
f0051624_17181942.jpg

おひさしぶりです、パンダです。
謹慎命令が出ていたため、
しばらくみなさんとお会いすることが出来ませんでした。

心配かけてごめんね★

さて。
この春からバタバタと国外に出たり入ったりしていたご主人さま。
先日、すったもんだの末、日本帰国を無事に果たすことができたよ。

いろいろと大変だったみたいで、
「ブログでぶちまける!」と、息巻いてたからお楽しみに。

そんな「お熱い」ご主人さまと、バリ島行きが目前に迫っているChori。
休む間もなく、本格的にオンラインショップをスタートさせる準備で大忙し。

今日はネパールで買い付けた冬物用の帽子撮影にてんてこまい。f0051624_1725435.jpg

いろんな種類の帽子を購入したみたいだよ。
「今月中にはサイトにアップする!」って、気合が入ってたから待ち遠しいよね。










f0051624_17272594.jpg
それから、問い合わせの多い木彫りも販売スタート。

職人さんが一点、一点、手作りで作業してるから、まったく同じものは存在しないんだ。
だから販売個数もすっごく限られてるんだけど。





あ、ちなみにボクが潜り込んでいるこのマフラー。
ポケット付きですっごくカワイイでしょ?
これ、サイトでしか販売しない限定商品らしいよ。

もちろん、この冬バリ島でも何点かマフラーと帽子を取り扱うらしいから、そっちも要チェックだよ★
[PR]
by msmoti | 2006-11-20 17:17 | by パンダ
争奪戦の末・・・
f0051624_14294130.jpg私とご主人さまがお店で買い付けをしている途中、おっさんがやってきました。

そのおっさん、店の中のモノをどんどん悩むこともせず、お買い上げ。

私とご主人さま
(これでは、店の全ての物をこのおっさんに買われてしまう)と、焦り
でも、このおっさんのようにガンガン買うことはできない歯がゆさ。

とりあえず、目に付けたいいものをおっさんが買う前に
奪い取り、それから試着してみて検討するという地味な作業の繰り返し。

たまに、そのおっさんに
「この帽子、ちょっと試着してみて」
と指図され、渋々かぶるチョリ。

ご主人さまがキープしている帽子をみて
「その帽子いいね~」
と奪い取ろうとするおっさん。

お店にある帽子とマフラーの6割ぐらいを買い占め
そのおっさんは去っていきました。

私とご主人さまは、そのおっさんが荒らしたお店に残り、最終決断をして(何度も試着をして)
お買い上げ。
おっさんが買った量に比べたらだいぶ少ないのに、私とご主人さま
「これを二年がかりで売ろう(二年分の冬物は買ったよね)」
と気弱なそして規模が小さい発言。

大量に(私たちにしたら)買った商品。
おっさんはお店の人にカーゴで送ってもらうのに比べて
私とご主人さまは、そこのお店のスタッフを捕まえホテルまで運んでもらう。

どこまでもスケールの小さい私とご主人さまでした。
(↓争奪戦の末、そしてチョリとご主人さまの厳しい審査を勝ち抜いた帽子たち)
f0051624_14322082.jpg

[PR]
by msmoti | 2006-11-04 13:58 | byメイド犬Chori