Newアイテム仕入れました
f0051624_2191554.jpg
只今、ネパールで買付け中。
こちらの商品、近々バリ島のお店で販売予定です。
お立ち寄りの際は、ぜひ手にとってご覧になってください。
[PR]
# by msmoti | 2010-12-06 02:24 | shop info
twitter
ツイッター始めました。
新着情報、どんどんつぶやく予定です。

http://twitter.com/ms_moti
[PR]
# by msmoti | 2010-11-06 15:40 | shop info
MotiオリジナルNEWバッグ誕生★
f0051624_1636185.jpg


ご報告遅れましたが、先月Moti(モッティー)の新しいオリジナルバッグが完成しました。

当初、オリジナルバッグの製作に取り掛かるつもりがなかった上に、バリ島での滞在あとわずかというタイミングで「思いつくまま」製作をスタートしてしまったので、いつもに増してタイトなスケジュールになってしまいました。

にもかかわらず、製作途中でデザインの変更を何度も繰り返してしまったため、滞在中に製作できたバッグはほんのわずかとなってしまい、すでにお店の在庫は品薄状態とのことですが、現在、縫製者さんをプッシュして続々製作中です(のはず)。

今回バッグの素材として使用されているインドネシア産のバティック布は、味わいのあるアンティークものを用いてみました。

中にはプリントバティックではなく、手間ヒマ掛かっている「手描きバティック」の掘り出し物もあるので、ご来店の際はぜひ手にとってご覧下さい★
[PR]
# by msmoti | 2010-10-23 16:38 | shop info
求ム。大工さん情報
今日、お店の雨漏りのチェックに大工さんがやって来たらしい。

なぜ「やって来たらしい」という表記になったかというと、作業開始予定の朝9時にお店へ行くと、私の携帯電話に着信だけが残されていて、とりあえず電話をしてみると「もう、チェック終わって大工さん帰りました」と、雨漏りチェックに立ち会ったスタッフからそう伝えられたからだ。

「えっ?! もう雨漏りのチェック終わっちゃったのっ?!」
そう驚いた声を出すと「はい。もう終わりました」と、冷静な声が返ってきた。

しまった。
すっかり「どうせ9時とはいっても、バリ時間で遅れてくるだろう」と高を括って、部屋を出るぎりぎりまで、大好きなスポンジ・ボブを見ていたのが間違いだった。
せめて5分前には到着しておくべきだった。それすら間に合っていたかわかんないけど。

「で、どうだったの?」
「あのね・・・」と、なんだか意味を含んだ深刻な口調になったので、「いやだ。とんでもないことを言い出しそうで聞きたくない」と、瞬時に情けないことを思ったら、「あのね。ダメなの」「ダメってなにがっ!???」「あの大工さん、ダメだと思う」「え? どういう意味?」「あのね、ぜんぜんわかってないの。あの大工さんはダメだと思う。できないよ、なにも。だってね、どうしよう、どうしようって、そればっかりだもん」と、なにそれ? 幼稚園児か何かの会話? そもそもその人、本当に大工さんなの?ってことを言い出す。

続きを読む
[PR]
# by msmoti | 2010-04-10 17:35 | by ご主人さま
退職願いはお早めに
現在のお店のメインスタッフは、面接の際に「結婚したらお店を辞めます」と宣言された上での採用だったので、たまにその辺のことをそれとなく「現状確認」として訊ねることがある。

というのも、私もChoriも常にどちらかがバリ島へ駐在しているというわけではなく、お店の経営、商品開発・買付などには携わっていないものの「店番」という、この表の顔とも呼べるスタッフがいなければ、いくら裏の仕事を頑張ったところでお店を開けることはできない。

そのため、急にお店を辞められてしまっては、それが私もChoriも日本にいる最悪のタイミングであると、お店をしばらく閉めなければいけないという状態を招きかねない。

二代目のスタッフは「お給料日の当日」に、「お店、今日で辞めます」と、あと一週間ばかりで日本の帰国を控えたChoriに言い放ち動揺させ、三代目のスタッフはすでに妊娠が発覚していたというのに、ちょうどその時期にバリ島に滞在していた私にそのことを打ち明けず、妊娠八ヶ月ごろになって「他の人」からようやくその事実を知らされた時には私はネパールにおり、「どんなにこちらの事情を説明したところで、そんなこと考慮してくれないんだなぁ」と、つくづく痛感するハメになった。

続きを読む
[PR]
# by msmoti | 2010-04-07 22:28 | by ご主人さま
くどいな、雨漏りってやつは
触れて欲しくないものがある。
全体的にそうなのだが、ブログタイトルのセンスの悪さである。
考えすぎて、本文よりも時間がかかってしまうことがあるのにこのザマ。
なんたることだ。

同様に、触れて欲しくないのに真っ先に触れられてしまうことがある。
久々にバリ島のお店へやって来て、スタッフに一番最初に指摘されること。

「雨漏り、ひどいよ」

だから私は常日頃、なるべく背筋を曲げて、極力下を向いて歩くようにしている。
天井の方を見ると、宿の部屋に戻ればネズミの後姿を目撃してしまうという悲劇を招いたりもするからだ。見上げるという行為はいろんな危険をはらんでいるものだ。

かといって下ばかり見ていると、今度は動きのすばやいものまで察知してしまう。
「現実から目をそらすバランス」というのも難しいものである。

More
[PR]
# by msmoti | 2010-04-03 14:26 | by ご主人さま
縫製者が残した足跡
完全なる入れ違いというやつだったらしい。

ジャワ島に帰省していた縫製者さん、私たちがガサ入れした翌日に呆気なく投降。
投降というか、オフになっていた電源がオンになり、電話に出たってだけの話だけど。

「今どこにいるんだ」と追及すると「バリ島に戻ってる」と答え、「オーダーしたものは作り終わってるのか?」と、一番肝心なことを訊ねると、いけしゃあしゃあと「何もしてない」とおっしゃる。

二週間以上もあってカットさえもしていないというのだから、わが耳を疑うより先に相手の人格を疑うべきなのだが、「聞き違いであろう」という意味のない一縷の望みにかけ、「またまたぁ。本当は半分くらいは作業してあるんでしょう?」と、スタッフ兼通訳に再確認するも「ううん。本当に何にもやってないんだって」と、希望をあっさり打ち砕かれた。

「ねぇ、どうする?」昨日聞いたばかりのセリフをデジャヴのようにスタッフが口にする。
「どうするもなにも、とにかく貴重な生地だけは今すぐ返せって言って!!」

続きを読む
[PR]
# by msmoti | 2010-03-31 23:05 | by ご主人さま
姿を消した縫製者
「10日間はかかるだろう」
そう予測してオリジナルバッグの縫製をオーダーしたら「5日間で出来るよ」との縫製者さんの返答に、純粋な私はいたく感激したものだ。

口でなら何とでも言えよう。
ほとんどのインドネシア人が、言動と行動が伴っていないのは今はじまったことではないではないか、一体何年この仕事やってるわけ?
今なら二週間前の「純粋バカな私」に、こう言ってやるものだ。

一週間を経過しても縫製者さんからは何の連絡もやってこない。
まぁ、まぁ。十分ありうることでしょう。
10日間経過---。
こちらから連絡をすると「あと三日で終わる」とのこと。

それから三日後、何度電話しても「電源オフです」とのアナウンスが虚しく流れるばかり。
嫌な予感。
この人、都合が悪い状況になると、お得意の「スイッチオフ」で何日間でもだんまりを決め込むのだ。
こうなったら直接現場に乗り込むしかないと、なんの予告もなしに、バイクで片道1時間半近くもかかる仕事場へ、「無駄足になりませんように」と心で念じながら向かった。

続きを読む
[PR]
# by msmoti | 2010-03-27 22:59 | by ご主人さま
高騰!! バリ島ロスメン料金
確かに、去年の夏頃からおかしなことにはなっていた。

バリ島でロスメンと呼ばれる、いわゆる「格安の宿」が「格安」ではないというどころか、一部の完全に勘違いしたロスメンなど、ホテル並の料金設定になってしまっているほどの異常事態である。

何年前のことであったろうか?
一泊RP50000(現在のレートでは日本円で500円くらい)で朝食付きといったロスメンなどゴロゴロあったのに、それがやがて平均RP70000ほどとなり、あれよあれよと言う間にRP100000を越すようになり、そして今ではどこでも平気で「一泊RP150000」などと言う。

かろうじてRP100000以下のロスメンを発見!!と思いきや、かび臭いうえに部屋の中も薄暗いなんてレベルではなくて、日中でも「コウモリ潜んでるんじゃないの?」というような洞窟レベルの暗さ。むしろRP50000でも高いくらいである。

続きを読む
[PR]
# by msmoti | 2010-03-26 23:24 | by ご主人さま
ネズミの実像は「愛されキャラ」ではなかった、のである。
ゴキブリとネズミに悩まされる日々が続いている。

この宿、少々難点はあるのだが、部屋の雰囲気がとても好きなので、ここ数年はバリ島へ来るたびに利用している。

しかし、ゴキブリである。

比較的「料金の手頃な宿」では、出没率が高い生き物ではあるが、その頻度が問題である。
滞在10日も経過しないうちに、すでに5匹のゴキブリを目撃し、そのすべてを、悲鳴を上げながらも果敢に撃退しているのであった。もちろん殺虫剤で。

「ゴキブリは本当に飛ぶのである」という事実も、残念ながらこの宿で体験済みである。
あのときゴキブリは、私に向かって何の迷いもなくまっすぐに飛んできた。
情けないことに、立ち向かってくる生意気なゴキブリを叩き落とすどころか、なぜか自分の頭部を手で守りながら避けるのが精一杯だった。頭の上に着地して欲しくないという心情が働いたのかもしれない。

それはそうと、ネズミである。

続きを読む
[PR]
# by msmoti | 2010-03-24 23:34 | by ご主人さま
不景気と不幸の連鎖
非常に景気が悪い。

祖国・日本だけでなく、ここ、バリ島・ウブドで観光客相手に商売をする者にとっても、その厳しい波は平等に、ビッグウェーブとしてやってきているわけである。

宿泊、飲食関連はそれでもまだいい。
そこそこ旅行者はいるわけで、その旅行者が基本的に必要とするものが、「住・食」だからだ。
そう、それに比べ物販は、旅行の必須項目ではないから、不景気だと大いに割をくう。

旅行中に野宿をするわけにもいかないし、ましてやものを食べないわけにもいかない。
そうなると「買物」というのは、必然的に必要事項の最下位項目になってしまうのだ。

そうじゃなくても不景気だってのに、人事だけどもこちらまで気持ちが暗くなってしまいそうなほどの友達の不景気話を聞くはめになった。

続きを読む
[PR]
# by msmoti | 2010-03-23 22:20 | by ご主人さま
バリ人とうまく付き合うための大まかな原則
「規模ちっちぇ」と言われればそれまでだが、問題の大きさうんぬんではない。

「気持ち的に納得できない」ことがあって、人生の上でも商売の上でも先輩の現地在住の日本人Aさんと、これまた人生の上でも商売の上でも大先輩の現地在住のインドネシア人Bさん(バリニーズではない)に、とある問題について相談した。

相談内容はお店に関わることで(さらには金銭絡み)、ここであまり詳細を明記してしまうと後々厄介ごとになりかねないので、ひょっとしたら状況が理解できないほどの割愛になってしまうかもしれず恐縮だが、AさんとBさんには事情をざっと説明し、私が興奮気味に「これってどう思う?幾らなんでも要求が明らかに不平等でしょっ?!」と、バリ人とのいざこざを話すと、日本人のAさんもインドネシア人のBさんも、同じ解決策を提示してきたのだが、さらにBさんはこんな大雑把なアドバイスをくれた。

続きを読む
[PR]
# by msmoti | 2010-03-20 12:57 | by ご主人さま
忍耐必須。オゴオゴ鑑賞
オゴオゴパレードはこれで二度目の鑑賞になる。
いずれも一人。

独り身とは、パレードが始まるまでは寂しい感じもするが、会場が熱気に包まれる頃には大勢の観光客にもみくちゃにされ、そんな寂しさなど一気に吹き飛ばされるばかりか、暑さでベトベトになった他人の肌が密着し、鬱陶しいくらいである。
(なんか気の紛れ方の意味合いが違っているが・・・)

f0051624_22242842.jpg


続きを読む
[PR]
# by msmoti | 2010-03-18 22:26 | by ご主人さま
オゴオゴ。それは「福は内、鬼は外」みたいなもの?
明日はオゴオゴの日である。
かなり以前にも「オゴオゴ」に触れることを記載したけど、この日がバリ島の人たちにとってどういう意味合いがある日なのか、そのときもわからず、そしてその無知っぷりは現在に至る。気になる人は検索してみて下さい。

さて。
オゴオゴの日には、妖怪のような、鬼のような、気味が悪いような、ふざけているような形相をしたオゴオゴと呼ばれる「手作りの巨大な人形のようなもの」が練り歩く日である。
練り歩くというか、実際は、現地の人によってお神輿のように担がれるというのが正しい表現である。

今日は、私の小さな可愛いお友達に「オゴオゴ見たい?」と誘われて、お昼休みの時間にバイクでちょっと、二人でオゴオゴ散策をしてみた。

続きを読む
[PR]
# by msmoti | 2010-03-16 21:44 | by ご主人さま
とら
f0051624_22281671.jpg
明けましておめでとうございます。

振り返ると2009年、ブログにはアップしていませんがいろいろなことがありました。
イベントに参加したりー、期間限定で三軒茶屋や中目黒でお店をやったりー、バリ島のショップを
ちょこっと内装したりなんかしました。
ブログは更新していませんが、Motiはちゃんと活動しているのでご安心ください。

今年もヨロシクお願い致します。
2010年がみなさんにとって健康で幸せな良い年でありますように
[PR]
# by msmoti | 2010-01-01 22:26 | byメイド犬Chori