なんてことでしょう
f0051624_17455372.jpg
ご存じの人も多いと思いますが、ここはモンキーフォレストにあるお店である。
何が起こったのか、友達2~3人に聞いても「わからない。」か、もしくは、笑うだけである。

右端のお店が残念なことに、うちのお店で働いているスタッフの旦那のお店である。
なんてことでしょう・・・。
スタッフの旦那さんは、絵を売っているお店で働いている。
旦那さんにインタビューしたところ、絵は全滅らしい。

毎日、何をするわけでもなく、旦那さんはこの現場に通っています。
たぶん、観察しているだけである。
情報によると2月には営業再開できるらしいけど、さだかではない。

連日の雨でこうなったのか、原因不明だが自然の力は偉大だ。
1日も早く旦那さんのお店が修繕して働けるようになりますように、ただ祈るだけである。
[PR]
# by msmoti | 2008-01-03 17:44 | byメイド犬Chori
謹賀新年
f0051624_2324261.jpg


あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。
[PR]
# by msmoti | 2008-01-02 23:04
今年の1枚
f0051624_1146474.jpg
毎年恒例となりつつある、トレッキング。
今回は、多忙な友達を巻き添えにしたトレッキングである。

多忙な友達の日程より、ご指名ガイドの予定に合わせてあげたにもかかわらず、
前日になって別のガイドに代行するという幸先の悪いスタートの予感・・・

トレッキング中、ガイドとポーターとは特に交流もなく、ひたすらその日の宿を求めて歩くのみ。

朝日を見るため、4時45分から山を登る予定が代行ガイドの寝坊のおかげで15分ほど
遅れてスタート。
寝坊の理由が「携帯のアラームが鳴らなかった。」と言い、自分が寝坊したにもかかわらず
モーニングティーを飲むありさま。
私は心に誓った「もう、あなた(代行ガイド)とのトレッキングはこれが最初で最後。」ってね。

ガイドに恵まれなかっただけではなく、天候にも見放されてしまった今回のトレッキング。
が、しかし!!!天は私たちを見放してはいなかった。
写真がそれを物語っていると思う。

最後の日になんとか山が見れて、晴れ晴れとした気分でカトマンズに戻ったのでした。
今年のトレッキング、ガイドには頭にきたけれど、友達が参加してくれた思い出深いトレッキングになったのでした。むしろ、友達のおかげで楽しめたトレッキングでした。
[PR]
# by msmoti | 2007-12-31 11:45 | byメイド犬Chori
自分ダケ??
いつもの服屋で買付け中のこと。。。

ちょっと小腹が空いたご主人さま、おもむろにチョコを取り出した。

それを見た、服屋の店主が
「ジブンダケ?」
英語でもなく、ネパール語でもなく、日本語で言ってきた。
使い方といい、言うタイミングといい、間違った日本語の使い方をしていない。
いったいどこでこんな日本語を覚えたのだろうか・・・。
おそるべし、服屋の店主。

図々しい店主のこの発言で、ご主人さまの大好きなチョコは、仲良くみんなで分け合って
食べたのでした。
[PR]
# by msmoti | 2007-12-11 12:34 | byメイド犬Chori
一晩の宿を求めて
ネパールのチトワンというところからカトマンズに戻った時のコト。

バスで5時間の移動時間を8時間かけて(道路でアクシデントがあり)ヘトヘトになって
戻ってきた、私とご主人さま。

いつものカトマンズのホテルに戻ってきてホッと一息・・・。
と、思ったら、あちらこちらに小ゴキブリを発見!!!
ベットの上にまで小ゴキブリが現れる始末。

このままでは安眠できないと思い、夜の10時にもかかわらず、私とご主人さまはホテルの移動を決行。

ホテルのスタッフたちに失笑されつつも、私たちは一晩の安眠の場所を求めて、
そして小ゴキブリに怯えホテルを出た。

私とご主人さま、自分たちの力ではなく、友達を頼りにホテルを探してもらうという
他力本願思考。

私たちのわがままにつきあってホテル探しをしてくれた友達は、
「ネパールティーを飲む?」と、マイペース。
「お茶どころじゃないんだよ! 今は部屋探しが最優先なんだよ!!」と、気持ちにまったく余裕のない私たち。

今、ネパールは観光シーズンなので、どこのホテルも満室のようだったが
なんとか一軒のホテルを確保した。

なんの関係もない友達を巻き添えにして申し訳なかったが、おかげで一晩ゆっくり寝て疲れをとることができた。

翌日、古巣のホテルに戻ると、別の部屋を用意して待っていてくれたホテルのマネージャーが、部屋中に殺虫スプレーを撒き散らしてくれたお陰で、ゴキブリが成仏する前に私たちの方がお陀仏しそうだった。
[PR]
# by msmoti | 2007-11-01 19:07 | byメイド犬Chori
苦労の末に
タイに行く前のこと。

「読み終わった小説をタイの古本屋で売るんだ。最低でも、300B(日本円で1,000円)ぐらいにはなるよねー。」と、ご主人さま。
目的は、そのお金で「ケーキを食べる」という、ささやかな楽しみを叶えるため。

タイに着いた、翌日のこと。

早速、古本屋に本を売りに出掛ける、私とご主人さま。
13冊ほど本を売り、手元にきたお金がな、な、な、なんと!!
『63バーツ』

日本円で200円ほど。
なんて、お気の毒なご主人さま。
遥か日本からはるばると、重量を5kgオーバーしてまで持ってきて、叶えたかった夢を
見事に打ち砕かれました。

そして、今日、その古本屋でご主人さまが提供した本が売り出されていました。
その一冊の本の値段が
『80バーツ!!』

1冊>13冊
これが商売の鉄則なのだろう。
それにしても、酷すぎるご主人さま。
そのご主人さま、「63バーツの3バーツってなんだよ!」
と、半端な3バーツにつっこんでおられました。
[PR]
# by msmoti | 2007-10-04 16:10 | byメイド犬Chori
めざせ、骸骨御殿?
お久しぶりです。
私とご主人様は再び買い付けのため、あさってはネパールに行きます。
タイ経由なので、今はタイに滞在しています。

ネパールへの買い付け目的は、もちろん骸骨ストラップ!!
「骸骨ストラップをたくさん作って、骸骨御殿を造るんだよ。」
と、ご主人様は、私にだけ打ち明けてくれたのです。

今回は、どんな買い付けになるのか、今から楽しみです。
みなさんにも、こまめに情報をお届けできるようにしますので待っててくださいね。


メイド犬Chori in Thailand
[PR]
# by msmoti | 2007-10-03 18:41 | byメイド犬Chori
旅の思い出に。。。
f0051624_21282768.jpgみなさま、今年の夏はいかがお過ごしでしたか?
どんな思い出ができましたか?

思い出に残すといったら、やっぱり写真!!っていう人が多いと思いますが、写真だけではございません。

チョリやご主人さまは、旅先でハガキを買って、
友達や家族、または自分宛に書いて送ったりしています。

そこで、Motiはオリジナルpostcard(写真→)を
始めました。
オリジナルpostcardは3~4種類(右写真を含む)取り揃えております。

お一人様、一枚までご自由にお持ちいただくことができますので、ぜひ、みなさまも旅先の思い出に
ハガキを書いてみたらいかがでしょうか

ハガキを書かない方でも、気に入ったpostcardがございましたら、ぜひ、記念にお持ち帰り
ください。
[PR]
# by msmoti | 2007-08-30 21:25 | byメイド犬Chori
今年からはじめました!
日本は梅雨明けし、暑い日々が続いていますが、みなさんはいかがお過ごしですか?

今回、ご紹介する商品は、ガムランボール。
石鹸と同時にガムランボールの販売も始めたご主人さま。
f0051624_11565521.jpgf0051624_1157943.jpg










わかりづらいと思いますが、「アップル」と「ストロベリー」をかたどったガムランボール。
「珍しいデザインで可愛い」とチョリとご主人さまは、またまた(骸骨ストラップのときのように)
大絶賛!!!

f0051624_11573650.jpg残念なことに、こちらのガムランボールたち、今のところお店販売のみとなっております。
(徐々にブームに火がつきつつある
骸骨ストラップは、ネット販売もしているのでご安心ください。)

ガムランボールの音色で癒やされたり、バリ島の穏やかな時間の流れを
思い出してみてはいかがでしょう。
[PR]
# by msmoti | 2007-08-09 11:55 | byメイド犬Chori
いつの日か・・・
f0051624_1522043.jpgf0051624_1525711.jpg
            ←↑こちらは、試作品のバッグ。


改善すべき点が何点かあり、まだお店にはでておりません。

写真では、わかりにくいと思いますが、こちらの試作品のバッグは、肩掛けBag(ショルダー
バッグ)です。肩ヒモで高さ調節が自由にできます。

改良して、一日も早くお店に並べるようにしたいです。

<余談・・・>
バッグの中のぬいぐるみは、スポンジボブ(写真:右)。
以前、私とご主人さまがバリ島を旅行中のこと(お店をOPENする前の話に遡る)、友達の家でTVを”ぼー”と見ていたのがスポンジボブであった(友達と特に会話がなく、退屈しのぎに見ていた)。

これが、私たちとスポンジボブの出合いである。

いつしか、私とご主人さまは、スポンジボブの虜になり、放送時間になったら、まっすぐ宿に戻り、スポンジボブを堪能したのであった。

そんな、スポンジボブ様。めでたく、日本でも放映されることになり、喜ばしい限りである。
[PR]
# by msmoti | 2007-07-29 14:55 | byメイド犬Chori
ご無沙汰しております。
皆様、お久しぶりです。
久しぶりすぎて、すっかりブログのアップの仕方を80%ほど忘れていました・・・。

ご主人さまは、石鹸やガムランボール、タミンさん陶器のほかにMotiオリジナルBagの
お気軽お出掛け用(小さいサイズ)を試作品として作っておりました↓
f0051624_1791043.jpgf0051624_179287.jpg










↑お気軽お出掛け用                   ↑ちょっと荷物が多くなっちゃたとき用
サイズがわかりにくいですが、メイド犬と比べて見ていただけたら、多少の大きさがわかるかと
思います。
このお気軽お出掛け用バッグは、バリにあるMoti shopでしか、今のところ入手できない代物
です。

このバッグがちょっと気になった方!夏休みを兼ねてバリ島へ足を運んでみてはいかかでしょう。
夏休みにバリ旅行を計画中の方!何かのついででも構いません、ちょっと時間があったらぜひ
Moti shopを覗いてみてください。
お会いできるのを楽しみに待っております★
[PR]
# by msmoti | 2007-07-24 16:58 | byメイド犬Chori
バリ・ショーへ
本日完成したばかりのAsian Zakka Motiのフライヤーを持って、

最終日の明日、

パシフィコ横浜の「バリ・ショー」へ行って来ます。

リポートお楽しみに★
[PR]
# by msmoti | 2007-06-23 23:49 | by ご主人さま
こちらがその石鹸
f0051624_2243158.jpg
 タミンさんが「チョコレートは食べ物よっ!」と
言っていた石鹸を仕入れたご主人さま。
 はたしてタミンさんのご指名のアロエを
仕入れたのか気になるところ。

 ゴールデンweekにバリにご旅行される際は
ぜひ、手にとって確かめて見てください!


お店にちょっと立ち寄っただけで、もしかしたら、Moti Shop 一周年記念で素敵なことが
おこるカモ!?
*只今、直前までご主人さま思案中*
[PR]
# by msmoti | 2007-04-28 22:44 | byメイド犬Chori
バリ島産の石鹸販売、近々スタート
これまで「自分へのご褒美的なグッズ」の取り扱いに終始していた当店ですが、「ちょっとしたお土産グッズ」の販売にも力を入れようと思案中。

その第一弾として、あまり目新しいとはいえないが、バリ島原産の「陶器のソープディッシュと石鹸」を製作中。セット販売で、これからそれらの商品を梱包する「オリジナル巾着袋」のオーダーにも取り掛かる予定である。

「陶器」とくれば、ピンと来る人がいるかもしれない。
ソープディッシュのオーダー先は、最近「アンジェラにハマっている」というタミンさんである。「そんな名前のアーティストは日本に存在しない」と言い切ったが、後にそれは「アンジェラ・アキ」のことであると気付く。すまなかった、タミンさんよ・・・。

それはともかく。

人の話をまったく聞かず(私に対してだけっぽいけど)、落ち着きのないことこのうえないタミンさんだが、その素早い行動力には目を見張るものがある。
それは時に、あまりにせっかち過ぎて「おいおい、ちょっと待てや」と乱暴な言葉で制してしまうほどである。

現に、私が「ところで石鹸なんだけど・・・」と切り出したところで、すでに自分の知人の石鹸工場に電話を入れ、口をあんぐりさせて驚いている私に向かって「で、何個欲しいの?」と交渉をスタートさせてしまうほど急激な人なんである。

More
[PR]
# by msmoti | 2007-04-12 20:41 | by ご主人さま
もう1年?やっと1年?
Moti Shopを2006年4月30日にオープンして、もうすぐ一周年になります。

あっという間なのか、それともやっと1年なのか、正直なところ「なんとか1年やってこれたなー」という気分でございます。

ここで一年を振り返ってみることに。
f0051624_1622372.jpg
←オープン前の状態。
昼間はギャラリーの視線、ポリスの監視があり、
オープン前の準備はおもに夜限定で行うことに。

毎晩、ペンキ塗りに明け暮れ、シンナー中毒になりそうな日々でした。


f0051624_1646210.jpgf0051624_16461524.jpg







    ↑当日に辞めると言って去ったスタッフ。

↑二週間限定だったスタッフ。
二週間限定スタッフは、写真を撮影した日がお祭りだったためこんなににこやか。
オープンしたばかりでお店の中は、こんなにガラ~ンとしていました。

二週間限定スタッフとの思い出は、大家さんの水場の蛇口を怪力で壊して、私たちが弁償する
ことになったこと。

解読不能のTシャツを着ていたスタッフ(写真:右)。
私と接したのは、合計で30日間にも満たなかったと思う。
でも、彼がMotiのスタッフとして勤めてくれたのは、約7ヶ月間。

彼との思い出は、ことごとく私のお願いを断ってくれたこと。
でも、7ヶ月間、お店が無事やってこれたのは彼のおかげでもあると思っている。

そして、今のスタッフは、ワヤンという女性(まだちゃんと在職中)。

一年を振り返って、いろいろな思いがよみがえり懐かしく思う。
これから、まだまだMoti Shopの歴史は続いていってほしいと願う思いである。

どうやら、ご主人さまは一周年記念にお店で何かをやろうと企み中。
これからバリに旅行される方はちょっとでもいいので、ぜひお店のなかを覗いてみてくださいね。
[PR]
# by msmoti | 2007-04-10 16:10 | byメイド犬Chori